管理人とむの悩んだらこのゲーム

放置少女〜百花繚乱の萌姫たち〜
放置少女〜百花繚乱の萌姫たち〜
【メディアでも話題のゲーム】
 
魔剣伝説
魔剣伝説
【今最も熱いゲーム】
ドラゴンとガールズ交響曲
ドラゴンとガールズ交響曲
【お手軽✖︎美少女✖︎】 →→→詳しくはこちら

【悩んだらこのゲーム】ゴジラ バトルラインを実際にやってみた!

とむ
こんにちは!とむです。今回紹介するのは【悩んだらこのゲーム】ゴジラ バトルライン/GODZILLA BATTLE LINEを実際にやってみた!です。

ゴジラ バトルライン/GODZILLA BATTLE LINE

ゴジラバトルライン/GODZILLA BATTLE LINE

ゴジラバトルライン/GODZILLA BATTLE LINE
開発元:Toho Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

『ちょっとした時間にサクッと遊べるゲームがしたい!』

『テンポよく進むバトルゲームを楽しみたい!』

『ゴジラシリーズのファンで、集めて戦いたい!』

このような方におすすめなのが、ゴジラ バトルライン です。

ゴジラ バトルラインってどんなゲーム?

「ゴジラ バトルライン/GODZILLA BATTLE LINE」は、ゴジラシリーズでお馴染みの怪獣たちや兵器が登場する、リアルタイムストラテジーバトルゲームです。

ゴジラゲームの第三弾で、世界中のプレイヤーと白熱した戦いを楽しめます。

3分間という短いバトルですが、戦況に応じて怪獣召喚したりユニット編成したりが面白いゲームです!

ゴジラ バトルラインの見所

ゴジラをはじめ、モスラやキングギドラなどが勢揃い!

好きな怪獣たちを集めて自分だけの最強ユニットを作れます。

ユニットを選ぶときには動画も流れるなど見応えもありますよ!

ゴジラ バトルラインのオススメポイント

シンプルで奥が深い戦略バトル

戦闘は、他プレイヤーとのリアルタイムバトル

同ランク同士がマッチングされてのバトルスタートだから、白熱した戦いを楽しめます。

自分のリーダー怪獣を守りながら、敵のリーダー怪獣をやっつけたら勝利です。

怪獣たちはオートで動くので、ここぞというタイミングで怪獣を召喚させましょう。

バトルに勝ったら探索地図がもらえて、新たな怪獣を手に入れるチャンスが増えます!

バランスを考えたユニット編成

バトルで勝利するためのバランスを考えたユニット編成が面白いです。

リーダー適性を備えた怪獣もいるから、うまくユニットに組み込んでバトルに挑みます。

同じ怪獣は合成して強化できますよ!

また怪獣たちにも相性があったり、飛行や地上戦など得意な攻撃もさまざまなので、戦略的に考えながらの編成がポイントです!

兵器や施設

これまでにゴジラ映画で登場した兵器や施設も、勝利のための鍵となります。

バトルステージは世界中の都市で、その地形の特徴も勝敗に関わってきます。

ミサイルや、一定時間ごとにユニットを生成できる基地を活用しながら、さまざまな攻撃を仕掛けていきましょう!

ゴジラ バトルラインのレビュー

★★★★★
ゴジラファンには嬉しいゲームです!
ゲーム性がシンプルで遊びやすく、戦略性も面白いです。
強くなるには課金が必要かなと思いますが、微課金くらいでも十分楽しめそう!
★★★★★
ゴジラ好きにはおすすめです。これまでのいろんなゴジラや兵器が登場するのでたまりません!
キャラはまだちょっと少ない気がしますが、これから増えていくといいですね。
特撮シリーズとのコラボもしてほしい!
★★★★☆
対戦相手がなかなか見つからず、上位クラスの人とマッチングされることもあるので星4つで。
ゲームは面白いけど、敵の体力が数字で見れるともっと遊びやすいと思います。

ゴジラ バトルラインまとめ

ゴジラシリーズで人気の怪獣や兵器が登場する、リアルタイムバトルゲーム「ゴジラ バトルライン」。

マッチングされた世界中のプレイヤーとの、白熱した戦いが面白いゲームです。

どのように戦って敵のリーダー怪獣を倒すかを考えたり、怪獣や兵器でのチーム編成が勝敗の鍵を握りますよ!

ゴジラバトルライン/GODZILLA BATTLE LINE

ゴジラバトルライン/GODZILLA BATTLE LINE
開発元:Toho Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

『ちょっとした時間にサクッと遊べるゲームがしたい!』

『テンポよく進むバトルゲームを楽しみたい!』

『ゴジラシリーズのファンで、集めて戦いたい!』

このような方におすすめなのが、ゴジラ バトルライン です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください